「ただ聞いて欲しいの!」「ハイ聞きましょう」 その2

44 :名無しさん@家庭ちゃんねる:2016/01/26(火) 17:14:52
他のまとめサイト読んでて書きたくなった。本家に書き込む度胸がないのでこちらに。

中学の時に好きになった相手と結婚した話。
中1の時に告白したものの振られ、良いお友だちとしての付き合いが続く。(数人で集まってDVD見たり年に数回パーティーしたり。休日に二人きりにはならなかった)
高校は別になったけど駅であったときは少し話をしてた。
向こうが彼女を作り、私も彼氏ができたけど私は長続きせず。
卒業後、彼は就職し私は県外に進学。
夏休みで地元に戻ったときは数人で集まってご飯食べたりはした。
成人式で会ったときは、高校のときから付き合ってた彼女と結婚する話を聞いて「好きだったけどもうそろそろ諦めないとだね。お幸せに。」と伝えた。
その後は連絡もとらず、地元に帰っても会わず他の友達から子供が生まれた等の情報だけ入ってきてた。

私が大学を卒業した後は遠方に就職、地元にはほとんど帰らなかった。
25歳の時、小学校のタイムマシンを開けるとかで同窓会があり、私も参加するため地元に戻った。
タイムマシンが埋まってる小学校で数年ぶりに会った彼は少しやせてたけど挨拶して軽く話すだけで終わった。夜、ホテルで行われる同窓会では自由にテーブルについて食事をとるスタイルだったんだけど、早くに席についていた私の真横に彼が座ってドキッとした。
話しているうちに、少し前に奥さんが亡くなったこと、子供二人を彼が一人で育てていることを聞いた。当日は実家に預けてきたらしい。
正直、子守り要員を探してるのか、と思った。
けど、数年前に子供が持てない体だということが判明した私にとっては昔から好きな人、その人の子供と家族になれる可能性が出てきたのでチャンスだと思った。
数か月後には地元に転勤が決まり、偶然を装って(ショッピングセンターは限られているので、知り合いと会う確率が高い)彼と子供に接近、親しくなる。
そして暫くしてから結婚した。
子供は可愛いし、彼も相変わらず好きになった彼のままでいてくれたのでとても幸せ。

261KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)