ロミオメール

50 :名無しさん@家庭ちゃんねる:2019/03/12(火) 13:47:49
馬鹿にされるの承知で言います。
私は糖尿病歴18年です。
結婚してから発症しました。
その際に義妹から「日頃の行いが悪くて罰が当たたったね。ザマァ〜」
「失明ましっぐらでお先真っ暗」「透析待ったなしご愁傷様」等々言われてきました。
夫も喧嘩をしてまで義妹を叱ってくれました。
義母は義妹の味方で「実際に失明とか…透析もあるわけで…」
私も「分かりました。好きで病気になったわけではありませんがそこまで言われる筋合いはありません。
私は自分が一番大切なのでこれ以上ストレスを溜めないために二度と会いません。その為に離婚になっても仕方ないと思っています。ではさようなら」と言って自宅に帰りました。
夫も謝ってくれましたし病気なった人にあの言い草。
幻滅したと言ってくれました。
その後、娘を一人産むこともできましたし2008年には子宮筋腫になり手術もしましたが特に心配もなくいつもと変りなく生活していました。
昨年の夏ごろに義妹から電話がありました。内容は「私の娘が糖尿病で透析治療になってしまった。私さんに助けてほしい」とふざけたことを言ってきました。
昔言われたことを思い出し大人げなく罵りました義妹が泣きながら「あの時はごめんなさい。辛かったのに…」
私は声を聞きたくなかったので「謝られても許しません。助けるって何?最後にひとこと言わせてください。日頃の行いが悪くて罰が当たたったね。チョーウケるね」
義母からも泣き言の電話があり「私もメニエール病になってしまって…」とっさに私も「そうですか。とりあえず頑張れ」
それ以降、この二人の電話には出ませんでした。
今度は義妹から手紙が来て「ずるいです。酷いです。あなたの姪ですよ。助け合わないなんて非常識です。恨みます。」
娘がそんな状態でこちらのほうには来れないと思いますのでこれ以上反応しないようにします。
恨むなら恨んでください。
私もクレアチニンの数値がよくなくて人の恨どころかそっちが心配です。
先生は頑張れば数値がよくなるからと言われているので正直義妹の娘のことなんて知ったことではありません。
よく考えれば、こんな病気になった自分が一番恨めしいです。
もう少し、生きていたいので頑張ります。


19KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)