今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験

397 :名無しさん@家庭ちゃんねる:2021/01/01(金) 11:33:41
とはいえ、就職と同時に一人暮らしになった社会人一年目の初給料日前とか、本当にお金ないからなー。
1日だか数日の福祉ボランティアのために、数千円かけて服を揃えられない子も普通にいるだろうね。
そういう時のギリギリの選択としては仕方ないかなぁ。
肌色多い女の子のTシャツやホットパンツよりははるかにマシ。
福祉が高齢者か子供か障害者か分からないけど、ボランティアぶりがよかったのも含め、実家でそういうお世話やらされて就職でやっと逃げた子なんじゃないかと心配になっちゃうわ。

これは私の衝撃体験なんだけどさ。
ある年度末、ハロワに手続きに行った時、若い女の子が号泣してたのね。
いわく、「第1志望の会社に受かったのに、親の反対で地元に呼び戻される」。
待ち時間だからつい職員との会話聞いちゃって。
彼女が就職の年に弟がこっちの大学進学になる予定だったから弟と同居できちんと弟の世話をする約束でこっちでの就職が許されて、部屋も決まってた。
でも弟が大学全落ちで、それなら彼女だけこっちにいるのは許さない、地元戻って就職しろ親は保証人にはならない、と。
地元で就職しろと言われたが今からなんか無理だ、でも保証人いないし、もし部屋がそのままでも12万の部屋(親が借りた部屋なのかな?)の家賃払えない、ホームレスじゃ内定取り消しだー、と泣いてたの。
ハロワ職員さん、彼女の泣き方がちょっと落ち着いたら、いろんな役に立ちそうな公的支援の申請のやり方だって言って紙束を渡してた。
それを食い入るように見てた女の子、突然すんっと泣き止んで。
90度のおじぎして飛び出してったわ。
あの子、今どうしてるかなぁ、あの子が大卒新卒だったならもう30超えてるはずだけど。
あの紙束には他に何が書いてあったんだろ。
今あの子がやりたい仕事できてるといいなぁ。

170KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)