「ただ聞いて欲しいの!」「ハイ聞きましょう」 その2

720 :716:2019/01/02(水) 14:41:50
>>719
本当に合わない人同士は、そもそも会話が無いだろうから、
そういう意味では確かに腐れ縁の強みだと思うけれど、それだけじゃないね。

小学生から高校生まで、
よく一緒に帰って、趣味とか自分のやり方について話すことは結構あったけど、
絶対相手のやり方に口出しはしなかった。

中学生のころ、「旦那って個人主義ね」と言ったら
即答で「君に言われたくないぞ」と返ってきてお互いが吹き出したことをよく覚えている。

デートが面白くなかったのは事実。
2人交互に自分の趣味でデートの内容を考えて、もう片方は文句言わずついてくる、
と旦那が提案してきたけれど、実際やってみると面白くなかった。
旦那も同じように考えている気がしたから、私は堂々と言ったよ。
「デートが面白くないから、やり方変えよう」
「俺も思ってた。提案して悪かった。もう今後は、飯と雑談だけで終わりにするか」
「いいね、そうしよう」
「でも、面白くなくても約束破らずついてくるところがいいじゃないか、ありがとう」
「旦那こそ」
とんとん拍子に話が進むし、別れるって発想がないところが私達らしいと思う。

婚約した後、昔話で談笑して、そして冗談半分で言ったよ
「感謝してね、旦那みたいな性格じゃ、他の誰とも結婚不可能よ」
旦那はすかさず言った
「そんなのお互い様だろう」
なんとも反論できずやっぱり笑っちゃった。

表向きは合わないんだけど、根本的なところは、逆に凄く合う。
あとは信頼関係、そんな感じ。


285KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)