ロミオメール

1 :名無しさん@家庭ちゃんねる:2012/11/24(土) 13:43:11
別れ話などの際に来た、悲劇のヒーロー、ヒロインを気取ったような、
彼氏、彼女、旦那、嫁、(「元」も含む)から来たメールがあれば晒して下さい。

【例えば】
・実家に帰るなど実力行使してから、不遜な振る舞い、見下した態度だった伴侶が
 その言動を改めるとロミオメール
・いままで自己中心的だった恋人が別れ話を切り出したとたんry

【言葉の一例】
・失って初めて気がついた、ひまわりは太陽がないと生きていけない〜
・今まで当たり前だと思っていたけど〜、
※今まで気付かなかったのが悪いのです。今更分かっても遅いのです。
 美しい自然を用いての比喩、でも私は太陽でもひまわりでもありません。


49 :名無しさん@家庭ちゃんねる:2018/03/28(水) 11:54:15
途中で送っちゃった…
私の友達と浮気したクズだけど歯科大に行ったらしく習いたてのドイツ語で。
ご丁寧にその後日本語訳も送られてきたw

君の瞳に映る僕は笑ってるかな?
僕は今泣いてるよ…
君に会えない日々は耐えられない
もう一度君の瞳に僕を写してくれないか?

これが別れて2年後のお正月一発目のメールw

50 :名無しさん@家庭ちゃんねる:2019/03/12(火) 13:47:49
馬鹿にされるの承知で言います。
私は糖尿病歴18年です。
結婚してから発症しました。
その際に義妹から「日頃の行いが悪くて罰が当たたったね。ザマァ〜」
「失明ましっぐらでお先真っ暗」「透析待ったなしご愁傷様」等々言われてきました。
夫も喧嘩をしてまで義妹を叱ってくれました。
義母は義妹の味方で「実際に失明とか…透析もあるわけで…」
私も「分かりました。好きで病気になったわけではありませんがそこまで言われる筋合いはありません。
私は自分が一番大切なのでこれ以上ストレスを溜めないために二度と会いません。その為に離婚になっても仕方ないと思っています。ではさようなら」と言って自宅に帰りました。
夫も謝ってくれましたし病気なった人にあの言い草。
幻滅したと言ってくれました。
その後、娘を一人産むこともできましたし2008年には子宮筋腫になり手術もしましたが特に心配もなくいつもと変りなく生活していました。
昨年の夏ごろに義妹から電話がありました。内容は「私の娘が糖尿病で透析治療になってしまった。私さんに助けてほしい」とふざけたことを言ってきました。
昔言われたことを思い出し大人げなく罵りました義妹が泣きながら「あの時はごめんなさい。辛かったのに…」
私は声を聞きたくなかったので「謝られても許しません。助けるって何?最後にひとこと言わせてください。日頃の行いが悪くて罰が当たたったね。チョーウケるね」
義母からも泣き言の電話があり「私もメニエール病になってしまって…」とっさに私も「そうですか。とりあえず頑張れ」
それ以降、この二人の電話には出ませんでした。
今度は義妹から手紙が来て「ずるいです。酷いです。あなたの姪ですよ。助け合わないなんて非常識です。恨みます。」
娘がそんな状態でこちらのほうには来れないと思いますのでこれ以上反応しないようにします。
恨むなら恨んでください。
私もクレアチニンの数値がよくなくて人の恨どころかそっちが心配です。
先生は頑張れば数値がよくなるからと言われているので正直義妹の娘のことなんて知ったことではありません。
よく考えれば、こんな病気になった自分が一番恨めしいです。
もう少し、生きていたいので頑張ります。


51 :名無しさん@家庭ちゃんねる:2019/03/13(水) 01:19:16
助けて欲しいって、お金くれってこと?
治療に関して情報をくれってこと?

どっちもお断りじゃが

19KB
新着レスの表示

名前: E-mail(省略可)