ロミオメール

27 ::2016/03/16(水) 20:23:51
ふと思い出したロミオ。

19〜20歳にかけて、若気の至りでクズな男と付き合っていた。
パチ野郎でカネコマ、元彼の友人との徹マンにずっと横に座らせたまま付き合わせたり、元彼女age私sageしたかと思えば私age元彼女sageでこっちの常識を壊しにかかってくるようなモラハラ野郎。

例えば、チビガリの私(152cm38kg)に向かって
「元彼女はもっと痩せてた。お前も痩せろ」
と言ったり、
「元彼女は高い化粧品を使っていて肌がきれいだった。お前も同じものを使え」
と言ったかと思ったら、
「元彼女(劇団員)は貧乏だった。お前は大学生だからこれから稼ぐようになる可能性があるからお前と付き合った」
と言ったり、
「お前の方が顔がきれいだから連れ歩くならお前の方が絵になる」
と言ったり。

元彼女とはまだ縁が切れていなくて、「風邪をひいた」だの「リスカした」だの連絡が来るたびに
「あいつのことを放っておけない」と私のことは放って行ってしまうような奴だった。

最終的に、私の誕生日やクリスマスにも狙ったように(多分狙ったんだろうけど)、
「具合が悪い」メールが来て、デートに向かう途中で私を町中に残して元彼女の元へ向かったことで頭が冷え、やっと別れた。
しばらくストーカーされてうちの両親も巻き添えにしてゴタゴタになったので、両親には本当に申し訳なく思う。

そんな元彼から、別れてから7年も経って届いたロミオメール。当時作ったまま放置していたmixiのメッセージに届いていた。


13KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)